NEWS

2021.01.16 KOREA NEWS

(G)I-DLE、「ミュージックバンク」で 新曲「HWAA」カムバックステージ… 華やかなパフォーマンスを披露する!

 

(G)I-DLEの新曲「HWAA」の

カムバックステージを華やかに披露した。

 

(G)I-DLEは今月15日に放送された

KBS第2テレビ(韓国放送公社)

「ミュージックバンク」で、4枚目のミニアルバム

「I  burn」のタイトル曲「HWAA」の舞台を披露した。

 

(G)I-DLEは舞台に先立って行われた

控え室でのインタビューで、

「NEVERLAND、とても会いたかったです。

会いたかった分だけ素敵なアルバムを出したので、

たくさん愛してください」と、

待っていたファンに暖かいコメントを伝えた。

続いて「別れによって冬になった心に火をつけ、

春を作って花を咲かせるという内容を込めた」

と新曲を紹介した。

「今回のアルバムのコンセプトは3つあります。

「火」「花」「冬」にミュージックバンクで

初公開する「花」コンセプト期待してください」

とカムバックステージのポイントを挙げ、

期待感を高めた。

 

(G)I-DLEは「HWAA」にふさわしい華やかな

カラーのフラワーデザインをそれぞれの魅力で着こなし、

美しいビジュアルを披露したのはもちろん、

魅力的なパフォーマンスと

ボーカルの実力から目が離せない

カムバックパフォーマンスを果たした。

 

新曲「HWAA」はリーダーのソヨンと

有名作曲家のPop Timeが

共同作業した曲で、中毒性のあるフックと

劇的な感情変化を盛り込んだ歌詞が印象的な

ムーンバートンジャンルの曲だ。

 

(G)I-DLEは11日にリリースされたミニ4枚目のアルバム

「I burn」で、世界52地域のiTunesアルバムチャートで

トップになり、

タイトル曲の「HWAA」は、genieミュージック、

Bugsをはじめとする韓国内の各種音源チャートで

1位になった。

ミュージックビデオは公開約4日で

3400万ビューを突破し、

グローバルな人気を証明した。

 

一方、(G)I-DLEは新曲「HWAA」で

活発な活動を続ける予定だ。

 

BACK

PAGE TOP