NEWS

2020.07.06 KOREA NEWS

(G)I-DLE、初の単独コンサート「I-LAND:WHO AM I」盛況

 

(G)I-DLEが初の単独コンサート「I-LAND:WHO AM I」を盛況のうちに終えた。

 

(G)I-DLEは5日午後3時2020(G)I-DLE ONLINE CONCERT「I-LAND:WHO AM I」を開催し、グローバルファンと特別な時間を過ごした。

 

ヒット曲「LION」と「HANN」で公演の火蓋を切った(G)I-DLEは「夢だった初の単独コンサートをすることになった。とても震えて緊張しますが、素敵なステージが多いので、期待してほしい」とデビュー後初の単独コンサート開催した気持ちを伝えた。続いて「オンラインコンサートなので、全世界のNEVERLANDと同時に楽しむことができて嬉しい」と韓国語をはじめ、英語、中国語、タイ語、日本語など様々な言語でファンにあいさつを伝えた。

 

今回の公演で(G)I-DLEは「MAZE」、「What's Your Name」、「$$$」など、これまでのファンが見たかった収録曲のステージはもちろん、今回の公演を通じて初公開するステージまで、唯一の「I -LAND:WHO AM I」のみ見ることができる多彩なステージにグローバルファンたちの目と耳を楽しませた。

 

 

6人6色、メンバーたちの個性が詰まったソロステージも公開された。ミンニはCharlotte Lawrenceの「Why Do You Love Me」を特有の夢幻的な音色で成功させ、ウギはP!nkの「What About Us」を選曲し、魅力的な重低音とパワフルな歌唱力を誇った。ミヨンはいつも好きなアーティストに挙げたRihannaの「What Now」をクールボーカルで披露し、多くの感心を出した。

 

末っ子シュファは美しい線が引き立つダンスパフォーマンスを披露し、スジンはSHAEDの「Trampoline」に合わせて目を離すことができない魅力的なパフォーマンスを繰り広げ歓声を引き出した。リーダーソヨンはDavid Guettaの「Hey Mama」でパワフルなラップはもちろん、優れたボーカル力を誇って新しい姿を見せた。

 

ミヨン×ミンニ×ウギのびっくりユニットステージも続いた。チーム内のボーカルラインでもある三人はRihannaの「Kiss It Better」で幻想的なハーモニーを作り出し、グローバルファンに特別な贈り物を送った。

 

またMnet「QUEEN DOM」で披露し、ホットな話題を集めた「嫌だと言って(原題:싫다고 말해)Nightmare ver.」に続き、ファンはもちろん、メンバーたちも、最も見たいステージに選んだ「Maybe」と今回の公演を通じて初めて披露した「POP / STARS(ALL ver.)」まで、片時も目を離すことができない特別なステージが相次いで開かれグローバルファンの爆発的な反応を引き出した。特に「LATATA」はファンが直接録音した掛け声と一緒に披露され、さらに特別感がでた。リーダーソヨンは「ファンの方々の応援の声が出てきて、本当にびっくりした。涙が出るのを堪えステージをしながら大きな力を得た」と伝えた。

 

メンバーたちが直接セルフカメラを持って撮影したアンコール曲「Uh-Oh」に続き、ミンニ、ウギの自作曲「i'M THE TREND」が初公開された。ステージに先立ちミンニとウギは「世界初公開でとても震える。NEVERLANDを考えながら、本当に楽しく書いた曲だから好きになってほしい」と気持ちを伝えた。 「i'M THE TREND」は(G)I-DLEの最初のファンソングらしく大きな愛を受けた「Oh my god」、「Blow Your Mind」、「LATATA」、「LION」、「Uh-Oh」などが歌詞に登場し、ファンを驚かせた。また、その曲のポイント振付が入れられたパフォーマンスでファンをさらに熱狂させた。

 

(G)I-DLEは「初めてのコンサートを一緒にしてくださったすべての方々に心から感謝します。今日一日、大きな夢を叶えたようでとても幸せだった」とし「残念ながらオンラインコンサートという形で行われたが、海外にいらっしゃるファンの方々と一緒に楽しむことができて良かった。初めてのコンサートであるだけに、永遠に忘れられないようだ」と気持ちを伝えデビュー後初の単独コンサートを終えた。

 

一方、(G)I-DLE初めての単独コンサート「I-LAND:WHO AM I」を通じて初公開された新曲「i'M THE TREND」は7日午後6時、各種オンライン音源サイトを通じて公開される予定である。

 

 

BACK

PAGE TOP